ブエコは今日から起業する ターゲット層を絞るってどういうこと?

管理人:ぶえこさん、前回の宿題は出来たのかな?

 

そう不機嫌な顔をするな( ̄▽ ̄)ジェンティに悪気はないんだから。

J:なになに?
管理人:お芋をあげよう。Jはあっちで遊んどいで。
J:≧(´▽`)≦はーい。
管理人:返事は良いんだよいつも。あいつは。

管理人:前回の課題について今日は考えてみよう。

1:その商品はどのターゲット層に売るのかを決める。ペルソナを確定する。

2:そのペルソナに本当に需要があるのかネットを駆使して検索して調べてみる。

 

何故ターゲット層を決めるのが出品より先なのか。
何故だと思う?

 

ブエコさんはネットで買い物をする時に、小番頭の好みに合ったお店を選ばないか?

ブエコ:そうだにゃ。ブエコは可愛いお洋服が好きだにゃ。レースとかおリボンとか。
管理人:例えば、スポーティな感じのお店に入った、選んで買うかい?
買わないよね、好みではないから。
じゃ、そのページは入ったけど素通りするんだよね。

ブエコ:そうだにゃ。

管理人:ということは、アクセス数をやみくもに増やす集客をしてもターゲット層のアクセスがなければ売れないという事なんだ。Webサイトも実店舗にしてもそうだよ。

ブエコの起業とは 作品を売る事だよね。
売るのはお客さんに買ってもらう事。
そのお客さんはすべての人が良いと思って買ってくれるわけではないよね。

「ブエコの作品が欲しいと思う人=どんな人?→※2の検索するにつながる」
2の検索はなぜするのか、実際に作品を見て考えてみよう。

 

例えばこのネックレス。

価格帯は7,000~10,000
付加価値=ワイヤーレースの技法。=販売品では珍しい。

どの世代のどんな人が買うと思う?

 

ブエコ:にゃ~すごく若い人ではないにゃ。ある程度付属品にお金を出せる人。
デザイン的に、これをつけていく場所がある人でエレガントなファッションが好きな人かにゃ~。

管理人:そうだね。年代的には全部とは言いきれないが、若い人はシンプルなデザインを好む傾向があるので価格帯で40代半ばから50代を主なターゲットにしよう。

考えてもわからないという場合も多い

検索についてはGoogle Adwordsキーワードプランナー

というようなキーワードを検索するのに便利なものもある。
しかし、パソコンてなに?きーわーどぉ?とかの初心者さんに今これを使えというのも酷なので、
一番手っ取り早くは、楽天市場やヤフーショッピングの商品検索窓でワードを入れてみる事だ。

例えば、「ビーズアクセサリーネックレス」と検索をかけた時に出てくる下にぞろぞろっと並ぶキーワードは現状で一番検索されているワードなんだ。
いくつか組み合わせて見てみるとよいよ。

だから検索をするのは利便性に優れた事なんだよ。

検索のプロもいて商売になるくらい検索するという事は販売をする上で重要。

結構これをしない人多いんだよね。

市場調査をするように!とかなりとくどく言ってもしない人が何故かほとんど。

あと、「しました!」と言ってる検索の仕方が悪いんだろうな~って人。

=これは長くなるから別日に解説。

検索って奥が深いから慣れないとそれなりに難しいのかな??

今日のおさらい

何故ターゲット層を決めるのが出品より先なのか。
ターゲット層を決めるのは無駄な集客をしないため。
よりマッチした集客をしないと買ってくれない。

売る商品のターゲットを決めないと次に来る集客のスタートができないんだよ。

聞いてる?

 

ブエコ:・・・

ブエコ:段々奥が深い。ついていけるにゃろうか?
管理人:徐々にで良いし、今わからなくても、やり出すと「あ~!」ってなるよ。結果オーライだよね。

 

次回に続く。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。